お江戸かに祭

商品カテゴリー
たらばカテゴリー



ずわいカテゴリー












お買い物ガイド

お江戸かにレシピ




お江戸社員ブログ




かにの食べ方




お江戸うさ一家紹介




スマートフォンはこちら




かに雑学タイトル

タメになるかも!?

要(かなめ)は“かに”!?


  
   言語に詳しい友人から、ちょっと珍しいトリビアを入手したので
 
   今回は真面目な?トリビアをお教えします。
 
   タイトルでもある「要は“かに”!?」。
 
   何故こんなタイトルにしたかというと、
 
   「要」の語源が“かに”にあるから、といういたってシンプルな
 
   事実があったからです!!(迫真の演技)
 
   「要が肝心!」とか、「要点は~。」なんて、
 
   会話でも使うことがある「要」。

   その本来の意味は扇子の骨を止める金具のことなのだそうです。
 
   あの端っこにある丸いヤツですね。
 
   その金具が“かに”の目のようだったので、
 
   「蟹の目」と呼ばれるようになり、それが省略されたり
 
   なまったりして「カノメ」→「カナメ」となったんだそうです。
 
   へぇ~へぇ~(ボタンを連打している風)!
 
   扇子は「カナメ」が無いと骨がバラバラになってしまうので、
 
   そこから「カナメ」は「物事をまとめる中心」とか「要点」など
 
   私たちが知っている「要」を意味するようになったのだとか。
 
   国語や漢字は得意な方ですが、これは初めて知ったので、
 
   思わず雑学にアップしてみました。
 
   日本語って奥が深いですよね。(“かに”はどうした!?)

        
  

うさ司

ライン