お江戸かに祭

商品カテゴリー
たらばカテゴリー



ずわいカテゴリー












お買い物ガイド

お江戸かにレシピ




お江戸社員ブログ




かにの食べ方




お江戸うさ一家紹介




スマートフォンはこちら




かに雑学タイトル

タメになるかも!?

「蟹」の漢字の謎解き <後編>


  さてさて、今回も引き続き「蟹」の漢字の謎解きでございます。


  「面倒くさいな。」


  と思いつつ、読んでくださった方、ありがとうございます。

  早速、ゴールまでダッシュです。


  前回紹介したキーパーソンならぬ、キー文字、「解」。

  バラバラにして、「角」に「刀」、「牛」の三文字が登場したわけですが、

  これを使って文章を作るとこうなります。


  “刀を使い、牛の身体から角をバラバラに切り離す。”


  実際には痛くないんだろうけで、見ていると痛そうな景色ですね。

  そしてここから、“バラバラにする”とか“細かく分けてわかりやすくする”

  という、まさに“わかりやすい”意味になったそうな。

  そして前回紹介した「虫」の字と合体させると、


  “バラバラにする小動物”


  ってことになります。


  ...何だか随分と攻撃的な生き物だな、お思いの方もいらっしゃるでしょう。

  しかし!!違うんです!!

  本来この「蟹」が持つ意味とは、


  “包丁などの刃物を使わなくても簡単にバラバラに切り分けることが出来るもの”


  なのだそうです!!


  確かに手でバキッといけるもんな...。

  と私も納得しました。

  漢字って奥深いですねぇ。

うさ吉

ライン